ETCカードを作るならどこが早い?即日発行機は便利なの?

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

持っていない方が手に入れるには基本的にクレジットカードが必要になります。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

ここでは現在カードを持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにポイント還元などの面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得な楽天カードという選択肢もあります。

車に乗る頻度やカードごとの特典を調べて自分に合ったカードを探してください。

車の免許を取ったばかりの大学生、専門学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額を補償金として預け入れなければ使用できません。

そのため、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いが補償金が必要かの有無です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

自動車免許を取得して友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を活用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

ETCカードを作るにはクレカを申し込む必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少し不明点があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式車載器」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

免許を持っている全員が知っているようで実は知らないルールってありませんか?例えばETCの正しい使用方法はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使用方法の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカと同じく有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車載器にカードを挿入する際はカードの向きに気をつけましょう。

カードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下のスピードで通行してください。

もし何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

皆さんは毎月のクレジットカードの利用額はどのようにして管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ではないでしょうか。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同様の確認が必要です。

クレカでは各カード会社ごとに専用のページで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というwebサイトで登録しているカードの過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

就職や転勤などで大都市へ引っ越すと車に乗らなくなります。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を検討する方が多いと思います。

その際にクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみでも解約可能という場合は即日というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分をバラバラにするために真二つにハサミを入れ、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

最近ETCカードの作成について調べていたところ実は世間に知られていないのではないかと思われる豆知識が出てきました。

それは、ETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンには入らず一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由としての人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのためクレカなどの通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんも車載器がついている場合はぜひETCで通行しましょう。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなにETCが普及しているのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べて短時間で通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンでの現金支払い料金が3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカ会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。

高速道路の料金所でたまに渋滞が発生していますよね。

一般レーンでの渋滞の多くが係員と直接現金をやりとりする時間からとなっており 約90%の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCを使うとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きい東京湾アクアラインを例にすると一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、ETCレーンでは割引適用で800円と半額以下になります。

高速を利用するときに便利なETCカードですがカードの種類が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か紹介します。

1つ目は発行手数料、年会費どちらも無料となっているライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費がかかりませんがETCの方は年会費がかかります。

年会費がかかるのが嫌だという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が高くエネオスなどで給油した時にもポイント還元が発生します。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のホームページに掲載されている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約9割の車で使われていたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンの利用料金では約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に一緒にETCカードの申し込みができます。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここでは一般的なETCカードの作り方を解説します。

カードの入手方法としては大きく分けて2種類があります。

各クレジット会社から発行しているクレカタイプと各高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードという2種類です。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから友人からカードを借りてくる。

という話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用はできますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードを申請する際の利用規約に本人以外の利用が禁じられていると書かれているからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは明確に規約に反するためカードが停止される可能性を含んだ行為になります。

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、何事もなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし車載器側でエラーが発生したらエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

そのためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後に焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンが設置されているので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

参考:ETCカードの作り方は?年会費無料おすすめ!【即日申し込み】