住宅ローンを組む予定のある自営業の方は審査対策を

住宅ローンを組む予定のある方に、しっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。
思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、毎月の返す金額が軽くなるというメリットもあります。
でも今は、賞与が出ない会社も増えていますし毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。
そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。
時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。
自分の理想の家を建てると言う事は憧れだと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンを選択しようか迷っている方も多いのですが変動金利か固定かを選択しなければならないので難しいのです。
固定金利は、景気に左右される事なく決められた金額を払うだけですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。
しかし、変動は毎月の返済金額が異なるために全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。
にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は調査によると40%の方が利用しているそうです。
是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら比較検討して納得できる方法を探せると良いですね。
これから住宅ローンの金額が分るので計画を立てやすいです。
最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、比較してみると更に判断しやすくなるでしょう。
ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。
直接相談できるところも沢山あるので、多いに活用して下さい。
これから、新築または中古の家を購入される方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、是非、贈与税というものを理解しておきましょう。
両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、例として自分の両親から住宅のためにと110万円のお金を受けた時に、約10%を税金として支払う義務があるのです。
逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。
65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。
他にも払うべき手数料や税金について調べておくと安心です。
今、注目の住宅ローンを長年組んでいると、まとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。
元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。
繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。
将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、お金はいくらかかるのか、何年かけて返済していけば良いのか、知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。
賞与などを利用した返済にするのかしないのか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、準備すべき住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローンの審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年という長い月日の支払いが生じる訳ですから、中には審査に通らない人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。